虫刺されのかゆみには種類があった!?

虫刺されと言えば、蚊を思い浮かべるのではないでしょうか。
気が付かれると刺されていてかゆくなる、腕にとまっているところを見かけたから叩いたけれどやっぱりかゆくなる、そしてなかなかそのかゆさが引いてこともあります。
今日はそんな虫刺されについてお話します。

なぜ虫に刺されるとかゆくなるのか

虫刺されで皮膚のかゆみが現れるということに対して、疑問を持つ人は少ないかもしれませんが、例えば蚊などに血を吸われただけでなんでかゆくなるのでしょうか。
その理由はアレルギー反応です。
虫が動物から血を吸うときに、皮膚に対して唾液を注入しています。

この唾液は痛みを感じさせない麻酔作用や血を凝固させにくくする作用などがあり、この唾液に対して人々はアレルギー反応を起こしているのです。
ですから、虫刺されとはアレルギー性の皮膚炎だったと言えるでしょう。
このアレルギーですが、すぐにかゆみや赤みなどが怒る即時アレルギー反応と、数日後にかゆみなどがやってくる遅延型反応の2つがあります。

赤ちゃんなど刺された回数が少ないと遅延型アレルギーであることが多く、刺される回数が増えるごとに即時型アレルギーへとシフトしていくのが一般的です。
遅延型から即時型への移行途中では、即時型と遅延型どちらの症状も起こります。

アレルギーによる薬の使い分け方とは

市販の薬は大きく炎症を抑えるステロイド剤が配合されたものと、かゆみを抑える抗ヒスタミン剤がメインのものに分けられます。
遅延型の反応が出た時には、ステロイドが配合されたものを使うことをお勧めします。
逆に即時型の反応が出た時には、抗ヒスタミン剤の方を使用します。

即時型の場合、初めのかゆみがある時さえそれを抑えてしまえば、かゆみが再発することがないからですね。
よくわからないのであれば、年齢からみて幼児期まではステロイド、青年期以上は抗ヒスタミン剤と覚えておいたらいいでしょう。
移行期である小学生くらいの時には、どちらの反応も出ますから臨機応変が大事になるかと思います。

まずは普段使っている薬がどちらなのかを見ておいてもいいでしょう。

自分がどのタイプのアレルギーで、どの薬を使うのかを決めるのが皮膚のかゆみを抑える一番のポイントになります。